Month: 5月 2018

ミニマリストになって、こころから気持良く暮らしたい

ミニマリストに追い求める。最小限のもので暮らしたい。
家庭に起こる必要なもの以外はぜんぶ捨てて、やりなおしたい。
やりなおさなくてもいいけれど、ぜんぶ捨てたい。
とにかくあたしが抱えるものは、安い一品ばかり。
フリマで買った着物や、タダでもらったカップなど。
あたしには高額品なんて似合わないから、メンテも控えるんだな。
それが、私のひどいポジションですなあ。
ウェイトが、82.2寸法まで増えてしまった。ウィークエンドで。
80.2寸法だったのに、ウィークエンドで2寸法増えてしまった。
外食の力不足。外食は、事後寝てしまうから、ひじょうにひどい。
今日は、ラーメンを食べた。とんこつラーメン。
細麺で、少なかった。カロリーは少な目だとおもう。
そして、なんだかマクドナルドに行った。ポテトのLとSを仲良く食べた。
そして帰宅して、ドーナツを仲間だけ食べた。
建物を出たのは10時で、メガネ屋様で彼の老眼鏡を作った。
11らラーメン屋にいったらまったくあいてなかった。http://www.tallycope.org/donichi.html

自分が上からにならない人が、セレブなのです

おばさんの力って、すごいですよ。お喋りだけだと思っているでしょうが、おばさんもおばあさんではないので、そこまでではないのです。結婚前には、ちゃんとした仕事についていたりします。ただし、コンピューターができないことにより、仕事ができないのです。言葉使いなんて、仕事をしている人よりも、上品だし、温かみもあり、印象もいいでしょう。だって、プリプチセレブなんだから。相手も、どんな人にお電話してしまったのでしょうと思うくらいです。そのくらい、有能な人が多いです。
ゆうのうでないおばさんもいるんですよ。それは、やはり、プチプチセレブでない人ですよね。やはり、そうなると、しごとができないんです。配慮がないから。考えないんです。話し方も、自分のほうが上なのです。
よく言いますよね。お金持ちは親切だということです。つまり、イメージの段階で、プチプチセレブのおばさんは、相手を立て、自分が上から目線にしないということです。